就任祝いの贈り方

・なぜ胡蝶蘭が就任祝いに最適なのか

胡蝶蘭には「幸福が飛んでくる」といった花言葉があります。そして、胡蝶蘭の魅力はその華麗な美しさで、特に真っ白で大きな花がいくつも連なっている豪華な胡蝶蘭は、お祝いの場を一層引き立ててくれます。また、ビジネスのさらなる発展や飛躍を願うというイメージもあります。そんなことから、就任のお祝いに最もふさわしいギフトとして人気なのが胡蝶蘭です。特に就任祝いでは、相手への新たな門出をお祝いするのにふさわしいのが胡蝶蘭です。就任祝いで贈るときの胡蝶蘭の色は品格のある白色がもっともふさわしいとされています。白い胡蝶蘭ならば、先方に対しても花の色合いで困惑するということもないでしょう。また、花の種類によっては匂いがきついものもあります。オフィスで飾る場合に、あまりにも匂いが強いと倦厭さえてしまいすが、胡蝶蘭は花の匂いがほとんどしないと言われていますから、そういった心配もありません。

・就任祝いの胡蝶蘭の贈り方

就任祝いでは、オフィスに関する配慮を考えます。たとえば、相手のオフィスへ贈る場合、あまりにも華やか過ぎて目立つタイプの花だと、上司や同僚の手前もあって控えた方がいい場合もあります。また、就任祝いには複数の方からの贈答品やギフトが届きますから、立て札を付けておくことで、送り主名がはっきり確認できますから、自分の会社のアピールをすることを忘れないようにしましょう。立て札は「お祝いの文言と贈り主名」の形式で贈るのが通常です。

・就任祝いの胡蝶蘭の相場

就任祝いに胡蝶蘭を贈る場合、相場はどうなっているでしょうか?胡蝶蘭は高級な花で格式がありますが、花輪の大きさや数などによって見栄えが変わってきます。社長・役員クラスの就任祝いだと、ある程度の豪華なものである必要がありますから、胡蝶蘭の選び方も注意した方がいいでしょう。個人向けの贈呈の平均相場が、1.5~3万円程度、法人向けの贈呈の平均相場が、2~5万円程度というのが一般的です。また、大企業の会長や社長の就任では5万円以上(最高級大輪胡蝶蘭7本立ちなど)を選ぶのがいいようです。胡蝶蘭を就任祝いとして贈る場合にも、金額もマナーのひとつと考えて、相手にふさわしい胡蝶蘭を贈るようにしましょう。

 

・就任祝いを贈るタイミング

就任祝いに胡蝶蘭を贈る場合、どのタイミングで贈るのが適切なのでしょうか?まず、就任が決まったらすぐにでも準備をするのがいいでしょう。ショップへは早めに予約の注文をすることで、質の良い胡蝶蘭を選んでおくこともできます。胡蝶蘭の購入予約は1週間前くらいに済ませて、余裕を持って準備しておくといいでしょう。また、お祝いの品ですから、仏滅は避け、可能ならば「大安」に贈るようにしましょう。

・就任祝いのマナー・タブー

お祝いの品ですから仏滅は避け、可能ならば「大安」に贈るようにしましょう。また、事情によって就任前に贈りたい場合などは、確認を取ってからご自宅へ贈るのが良いでしょう。栄転の場合には、通常は赴任先に贈るのが一般的ですが、先方あてに送るメッセージには「忌み言葉」といってタブーとされる言葉がありますから、メッセージを書く前にそれらを確認しておく必要があります。また、就任祝いに贈る胡蝶蘭に立て札を付ける場合、内容が間違わないように注意します。特に贈り先の名前の記載が合っていない場合、失礼な事となりますから気を付けておきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です