開店祝いに胡蝶蘭が最適な理由と贈り方

知人や取引先から開店のお知らせを受けて、開店祝いに何を贈ればいいか悩んでいませんか?

開店祝いと言ってすぐに思いつくのは、オープン時にずらっと並ぶお花ではないかと思います。

この記事では、お花を贈るなら胡蝶蘭が最適な理由と、胡蝶蘭の贈り方や相場、タイミングやマナー等についてお伝えします。

 

■開店祝いにお花を送るなら、なぜ胡蝶蘭が最適なのか

 

◇花言葉が「幸せが飛んでくる」と縁起がよいから

 

胡蝶蘭の花言葉は、「幸せが飛んでくる」といった、縁起のよい言葉です。

これは、胡蝶蘭の花びらが、まるで蝶が羽ばたいているかのように見えることから、幸福が舞い込んでくるようにという願いが込められているようです。

胡蝶蘭の花は長持ちするため、幸せが長く訪れる花と言ってもよいでしょう。

 

◇華やかで、かつビジネスに使いやすい気品と清潔感があるから

 

胡蝶蘭は、華やかさ・高級感・気品・清潔感などを、一つで兼ね備えた花です。

特に、ビジネスシーンでよく贈られる白の胡蝶蘭は、花言葉が「清純」であることからも伝わるように、清潔感に溢れています。

 

◇季節を選ばずに贈ることができるから

 

胡蝶蘭は、月によって開花量の違いはありますが、基本的には一年を通して咲くため、季節を選ばずいつでも贈ることができ、品質も安定しています。

 

◇花持ちがよく長く楽しめるから

 

胡蝶蘭は花持ちがよく、開花から1〜2ヶ月、手入れをすれば3ヶ月は持つことから、他の花に比べて長く楽しむことができます。

長持ちすることで、贈り物としての存在感を相手に印象づけるというメリットもあります。

 

◇花粉や香りが少なめだから

 

胡蝶蘭は、花粉や香りが他の花と比べて少なめです。

 

また、香りもほとんどないため、開店祝いとして店舗等にも設置しやすいです。

 

■開店祝いに胡蝶蘭を贈る方法

 

胡蝶蘭を贈るには、自分で買って直接持参する方法もありますが、便利なのはネットショップ等で注文して、花屋に直接届けてもらう方法です。

全国各地に送りたい場合、全国の生花店が出店しているネットショップを探して注文すれば、現地の花屋から直接配送してもらうことができ、梱包材を片付けてもらうこともできます。

 

■開店祝いに胡蝶蘭を贈る時の相場

 

一般的に、開店祝いの相場は10,000円〜30,000円です。

その値段では、どういった胡蝶蘭が買えるのでしょうか。

 

胡蝶蘭を開店祝いとして贈る場合、「大輪」「三本立ち」を選ぶのが一般的です。

胡蝶蘭には「大輪」「中大輪」「中輪(ミディ)」等がありますが、「大輪」は花びらが大きく高さがあります。

また、胡蝶蘭には「三本立ち」「五本立ち」とそれ以上の立ち数もありますが、一つの鉢植えの中に三株の胡蝶蘭が寄せ植えされている「三本立ち」が、大きさが手ごろで置き場に悩むこともありません。

 

白大輪・三本立ちの胡蝶蘭は、開花輪(花の数)18〜30輪程度で、15,000〜30,000円程度となります。

 

■開店祝いに胡蝶蘭を贈るタイミングは前日がよい

 

胡蝶蘭を贈る場合、前日までに届くように手配した方がよいでしょう。

胡蝶蘭は開店当日のインテリアにもなりますので、他の人から贈られた花とのバランスも考えて、開店前にどう設置するか考えることができるからです。

 

■開店祝いに花を贈る時のマナーとタブー

 

◇立て札をつける

 

お花を贈る時には、誰からの贈り物か分かりやすいように立て札をつけましょう。

胡蝶蘭などの鉢植えでは、長方形の木でできた立て札を使うのが一般的です。

花屋によっては、立て札を無料で用意してくれるところもありますので、注文時にそういった店舗を選んだ方が便利でしょう。

 

◇赤い花は避ける

 

開店祝いとしてお花を贈る場合、赤色は火事や赤字等を連想させることから縁起が悪いと嫌う人もいます。胡蝶蘭には赤色もありますが、ギフトとしては白色を選ぶのが一般的です。

 

お店を新しくオープンすることは、その人の人生における新しい門出です。

記念すべき一日にふさわしい、文字通り花を添えるような贈り物ができるとよいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です